知る・楽しむわんちゃんとの生活で役立つ わんコマまんが

「日常生活のこんな事ありませんか?」を面白可愛い4コマまんがでご紹介!

わんちゃんの戸籍 わんちゃんの戸籍

市区町村へのわんちゃんの登録は必須です。

わんちゃんと暮らし始めると、わんちゃんの戸籍とも言える登録という手続きを
しなくてはいけません。
生後91日以上のわんちゃんは必ず登録手続きをしてください。
生後90日までの子犬は、まだしなくても大丈夫です。
保護犬などの成犬をお迎えした時は、すぐに登録をしましょうね。
お住いの市区町村または保健所で登録をします。
地区によっては、狂犬病の会場で登録できる場合もあります。
その際、わんちゃんの年齢、性別、毛色など特徴も記載されます。
登録手続きを済ませると、登録番号が入った鑑札が発行されます。
この番号は生涯変わることがありません。大切にしましょう。
さて、登録手続きをしないとどうなるのでしょう。
これは法律で定められているので、違反すれば罰則もあります。
また、年一回の狂犬病予防注射の案内ハガキが届きません。
さらにこの狂犬病予防注射を受けないことも、法律違反となります。
もちろん法律上のことは一番重要ですが、登録をしなかったことのデメリットとして、わんちゃんが迷子になった時の対応が遅れます。
また、自分のわんちゃんだと証明することも難しくなります。
お引越しなどで住所が変わったときは、オーナーさんの住民票と同じように、
わんちゃんの登録も変更届をしなくてはいけません。
住民票の変更と同時に手続きすれば、一度で済みますね。
登録は多く認知されていますが、実はわんちゃんが亡くなった時も死亡届が必要です。
大切なわんちゃんが亡くなって、悲しみでいっぱいですが
届けておかないと、翌年も狂犬病予防注射の案内ハガキが届いてしまい、
さらに悲しい思いをしてしまうかもしれません。
わんちゃんは家族。登録はまさにわんちゃんの戸籍や住民票です。
うちの子だということを公式に証明するためにも必ず登録をしておきましょう。

バックナンバー
過去のわんコマまんがをご紹介!読み忘れた方、まとめ読みしたい方はチェック!! 過去のわんコマまんがをご紹介!読み忘れた方、まとめ読みしたい方はチェック!!