知る・楽しむわんちゃんとの生活で役立つ わんコマまんが

「日常生活のこんな事ありませんか?」を面白可愛い4コマまんがでご紹介!

何が怖いのフィラリア 何が怖いのフィラリア

フィラリアがなぜ危険なのか答えられますか?

そろそろ今年もフィラリアの検査と投薬が始まりますね。
蚊が関係した病気で、それを薬で予防する、と漠然とは知っていても
何が悪さをどんな風にするのか、なぜ危険なのか答えられますか?
犬フィラリア症とは、フィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)が
わんちゃんの体内に入ることで感染します。
そのフィラリアを媒介するのが蚊なのですね。
フィラリアに感染している犬の血を吸った蚊が、あなたのわんちゃんの
体を刺す段階で、ミクロフィラリアが入り込むというわけです。
ただ、この時点ではわんちゃんには何の症状もありません。
ミクロフィラリアは数ヶ月かけてわんちゃんの体内で成長し、
幼虫からフィラリア(成虫)に成長すると、血管を通り、心臓や肺に移動を始めます。
成虫となったフィラリアは最大30センチにもなり、長いそうめんのような形状をしています。成虫になれば繁殖も始まってしまいます。
すると、今まで何もなかったわんちゃんにも症状が出てくるのです。
咳や血尿、腹水が溜まったり、急に痩せたりして元気がなくなります。感染から何年も経過してから症状が出たりもするのです。
そうなると、もう手術を中心に考えた治療をしなくてはいけません。
運良くフィラリアを退治できたとしても、体へのダメージは元に戻りません。
そんなことにさせないためには、何よりも予防が必要なのですが、
病院では必ずシーズンの始めに血液検査をされますね。
その時点でミクロフィラリアに感染していないかを確認するためです。
なぜなのでしょうか?単に投薬すればミクロフィラリアは死ぬからいいのでは?
確かに予防薬を投与するとミクロフィラリアは死滅します。
ですが、その死骸によって強いアレルギー反応を起こすなど、急性症状が起こります。
また成虫のフィラリアが体内にいた場合、その死骸が血管に詰まってしまいます。
これは死に至るような危険な状況なので、まずは検査が必要なのです。
自己判断せずに血液検査は必ず受けましょう。
一昔前、わんちゃんの死因のトップがフィラリア症でした。
現在では、予防さえすればほとんど起こることのない病気です。
また、フィラリアのお薬を投与していても、蚊は皮膚アレルギーなどの
原因にもなります。
わんちゃんの体に安全なもので蚊除けの対策もしておきましょう。

バックナンバー
過去のわんコマまんがをご紹介!読み忘れた方、まとめ読みしたい方はチェック!! 過去のわんコマまんがをご紹介!読み忘れた方、まとめ読みしたい方はチェック!!