知る・楽しむ

「日常生活のこんな事ありませんか?」を面白可愛い4コマまんがでご紹介!

素足で歩くということ。 素足で歩くということ。

夏のアスファルト、肉球にはとても危険

天気のいい日中にお散歩。
オーナーさんには、爽やかないい季節がやってきました。
でも熱くなったアスファルト、わんちゃんの肉球には危険信号が!
うちの愛犬は平気そうに歩いているから大丈夫?
いいえ、わんちゃんにはギリギリまで辛さを我慢してしまう習性があるのです。
だからオーナーさんが知らない間に肉球は火傷をしていて、気付いたときにはかなり悪い状況になっていることが多いのです。
アスファルトを素手または素足で触ってみましょう。
初夏の今、少し触っただけでは温かい程度に感じるかもしれませんが、そのまま何十分も歩き続けることを想像してみてください。夏の砂浜を、素足で歩くあの感覚です。
耐えがたいですよね。
金属製の黒いマンホールなどは、さらに高温になっています。
素足で踏むことを考えたら、怖くなりませんか?
人は屋外では靴を履いていますので、地面の温度は忘れがちです。
わんちゃんにも専用の靴がありますが、履き慣れないものを嫌がる子もいますよね。
そうなると、初夏からのお散歩は早朝や陽が落ちたあと。土や草の地面がある公園などがあれば、さらに肉球に優しいですね。
靴と違って肉球には替えがありません。
大切な肉球、わんちゃんの身になって守ってあげましょうね。

夏のお散歩は早朝や夕方に