知る・楽しむ

「日常生活のこんな事ありませんか?」を面白可愛い4コマまんがでご紹介!

おやつコミュニケーション おやつコミュニケーション

おやつは愛犬とのコミュニケーションの時間

おやつ。
この魅惑的なひとことで、どんなわんちゃんも何もかも放り出して
駆け寄ってくるでしょう。
わんちゃんの大きな楽しみでもあり、オーナーさんとの大切なコミュニケーションの
時間でもありますね。
最近はわんちゃんのおやつも多様化しているので、どれを選んだらいいのか迷われる
オーナーさんも多いのでは?
わんちゃんの体の大きさや年齢、好き嫌いやアレルギー、その他用途にあわせて
選びましょう。
用途とはつまり、お家の中で食べるものと、外に持ち歩くものでは、形状や常温で
どのくらい持つかなども考えなくてはいけませんし、
それから、フセやおすわりなどのコマンドを教えるような時のご褒美としてのおやつは、ちぎって小さくできるようなものでなくては不便です。
この場合は何度もご褒美として必要なので、量より回数ということだからです。
タイミングよくサッと出せるように、あらかじめ小さくしておきましょう。
毎日きちんと体重管理された食事をさせていても、おやつを過度に与えていたのでは、
カロリーオーバーです。
一日にどのくらいの量が適正なのか考えなくてはいけません。
それから、動物病院で食事療法や食事制限などを受けている子はおやつについても
先生に相談してください。
ご飯と違って、おやつは絶対に必要なものではありませんが、やはりわんちゃんの
生活に、お楽しみはあってほしいもの。
オーナーさんだって、愛犬の輝く顔を見たいはずですよね。
食いしん坊が過ぎておやつが無いということを聞かない、
なんてことにならないよう、そこはオーナーさんがリーダーシップを発揮して
くださいね(笑)

正しいおやつコミュニケーションでわんちゃんとの絆を深めましょう!
バックナンバー
過去のわんコマまんがをご紹介!読み忘れた方、まとめ読みしたい方はチェック!! 過去のわんコマまんがをご紹介!読み忘れた方、まとめ読みしたい方はチェック!!