• HOME
  • お客様窓口

お客様窓口

最近よくいただくお問い合わせ

犬と猫

共通フード類
適正な「給与量」はどう判断すればいいのですか?

まずは目的(「主食」か「おやつ」かなど)に応じて、パッケージの《目安給与量》を確認してください。
そして、ペットの年齢や体格、体質などを含めた給与前の健康状態と、食べ残しや便の調子、給与後の健康状態などをあわせて、ペットに応じた分量をご判断ください。

※パッケージにはご利用に際する重要事項が書かれていますのでご拝読願います。

共通フード類
ペット用の牛乳と人間用の牛乳の違いは?

ドギーマンのペット用牛乳は、製造過程で乳糖を完全に分解。牛乳のおいしさをそのまま生かしながら、乳糖ゼロに仕上げた「お腹にやさしい牛乳」です。

※愛犬・愛猫は離乳後、牛乳や乳製品に含まれる乳糖を分解する酵素が徐々に減少するため、乳糖を含む人間用の牛乳を飲むと軟便が出たり下痢を起こす場合があります。また、人間の牛乳よりも高温で殺菌することで、おいしさを保ったまま長期保存が可能です(未開封時)。
※開封後は、冷蔵保管し、早めにお与えください。
※開封直後、時間の経過等の理由により、ごくまれに牛乳の成分が分離・凝固したり、色が濃い場合がございますが、品質に問題ありません。良質なたんぱく質を含み、栄養バランスに優れる点は人間用の牛乳と同じです。ぜひご利用くださいませ。

グッズ類
ウェア類や首輪等を選ぶ際には、適応犬種と犬のサイズのどちらで選べばいいですか?
人と同様、犬にも個体差がありますので、適応犬種は参考にしていただき、実際の首回りや胴回り、背丈、体重などのサイズを重視してお選びください。
共通グッズ類
首輪や引きヒモなどの交換時期の目安はありますか?

劣化具合を目安にして、新しいものと交換してください。使用状況により異なりますが、ひび割れやキズ、摩擦、ほつれやゆがみ、変色やサビなどの劣化があれば、交換時期だとお考えください。
ペットは予想外の力を発揮することがありますので、パーツの破損が原因で交通事故や咬傷事故、逃走事故などにつながっては危険です。

必ず定期的にチェックし、強度が損なわれないうちに交換してください。
また、成長期や体重の増減ほか、からだの変化にもご注意くださいますようお願いします。

小動物と昆虫

共通グッズ類
『昆虫マット』について教えてください。
 

Q-1 マットの表面に白いカビのようなものが生えていますが、大丈夫ですか?

A-1 『昆虫マット』類や『昆虫くち木』『昆虫エサ皿』には、有機物を分解する有用菌(キノコ菌の一種)が存在しています。
昆虫にとって快適な住環境をつくり出すために、菌類は重要な役割を担います。菌糸が少しのびている程度でしたら品質には問題はないかと存じますが、気になるようでしたら、混ぜ合わせてご使用ください。

 

Q-2 マットに小さな虫が発生しています。新しいものと交換した方がいいですか?

 

A-2 マットは自然の栄養をたっぷり含んでいますので、小さな虫も好みます。
そのままでも大丈夫ですが、気になるようでしたら新しいものと交換してください。
また、天日干しして継続使用するという方法もあります。
飼育ケースからマットを取り出し、黒いビニール袋などに入れて直射日光に当ててください。
マットを薄く広げて、両面をまんべんなく天日干しするのがコツです。

 
  • 電話でのお問い合わせ

    0120-086-192[受付:月~金(祝日除く)
    9時~17時]
    06-6977-8501[受付:月~金(祝日除く)
    9時~12時・13時~17時]
  • メールでのお問い合わせ

  • お手紙でのお問い合わせ

    下記の宛先まで封書にて
    ご郵送ください。
    〒537-0002
    大阪府大阪市東成区
    深江南1-16-14
    ドギーマンハヤシ株式会社
    お客様窓口

関連ページ

  • サイトマップ
  • サイトのご利用について
  • プライバシーポリシー
ページトップへ戻る