商品検索

わんこの夏は、薬用蚊取り安泉香。
わんこも蚊が大っキライ。かゆい、しつこい、耳ざわり。
しかもフィラリア症は愛犬死因の上位……。
だから本気で駆除してあげましょう。「薬用蚊取り安泉香」は新殺虫成分がよく届き、蚊を退治して吸血を阻止。
毎日の点火の手間や火の不始末の心配もなく、30日間※ペットを蚊からやさしく守ります。
※室温25℃湿度65%の無風状態で、使用環境により変わります。

  • 置くだけの手間いらず。

    火を使わないから、
    留守番時にも安心して使えます。

    点火した蚊取り線香を放置してのおでかけは危険。
    でも火を使わない「薬用蚊取り安泉香」なら、アルミシールをはがしてフタをするだけ。

  • 24時間30日、広くバリア。

    1日中、連続約1ヵ月蚊を駆除します。

    ※室温25℃湿度65%の無風状態の場合です。使用環境によって前後することがあります。

    ※気温が高く湿度が低い所や風の当たる場所では、表示より使用期間が短くなる場合があります。

    2m立方(目安)のスペースで成分が拡散します。

    ※通気性や風向きなどにより多少バラツキはあります。

  • 蚊が媒介する「フィラリア(犬糸状虫)症」とは?

    ペットからペットへ直接うつるのではなく、蚊が感染経路です。

    感染動物を吸血した蚊に刺されると、フィラリアの幼虫が体内に侵入。
    血液を栄養にして脱皮をくり返し成長し、心臓や肺動脈に棲みつきます。
    ペットは血液の循環が悪くなり、やがて呼吸器や循環器、泌尿器等に障害を起こし、症状が進むと死に至ります。これらの症状をフィラリア症と言い、愛犬の死因の上位にあげられます。

  • 殺虫成分を配合。

    しつこい蚊をすばやく退治して、吸血を阻止します。

    ピレスロイド系殺虫剤メトフルトリンが有効成分。
    常温で揮散して広くゆきわたります。
    蚊成虫に薬剤が接触すると、中枢神経を麻痺させることにより駆除。
    少ない薬剤揮散量ですぐれた効果を発揮します。

  • 蚊に効きます。

    効力評価テストにおいて、蚊に対する効果が確認されました。

  • 蚊だけを駆除するのですか?

    有効成分であるメトフルトリンは昆虫の神経に作用するため、カブトムシなどに薬剤が触れないようにしてください。 メトフルトリンは昆虫の中でも特に蚊に対して優れた効果を発揮する薬剤なので「薬用蚊取り安泉香」は蚊の駆除に有効な商品です。

  • 安全性。

    安全性の高い薬剤を使用しています。

    ケージに犬猫を入れて「薬用蚊取り安泉香」を設置した結果、本剤に起因したと思われる副作用は確認されませんでした。

  • 「薬用蚊取り安泉香」は夏用の商品?

    害虫対策といえば夏というイメージが強いですが…

    なんと、蚊の中には低温に強いため冬でも活動するものがいるのです。
    大切なペットのためにも、「薬用蚊取り安泉香」の通年使用をおすすめします。

薬用蚊取り安泉香

ページトップへ戻る