知る・楽しむ

「日常生活のこんな事ありませんか?」を面白可愛い4コマまんがでご紹介!

義務じゃないけど 義務じゃないけど

犬もわんちゃんも病気予防は大切

春の狂犬病の予防接種はわんちゃんと暮らすための義務ですが、
同時に多くのオーナーさんは、ワクチン接種も動物病院で受けさせていると思います。
ご存じの通り、ワクチン接種は義務ではありませんが、日常の環境の中には、
わんちゃんをとりまく様々な怖いウイルスや伝染病が潜んでいる可能性があります。
中には重症化したり、致死率の高い病気もあり、これらを防ぐ、または罹患しても
軽く済ませるためには、やはり予防が重要だというわけなのです。
ワクチンは通常3種、5種から9種、さらにそれ以上の混合のものがあります。
ここで何種類混合のワクチンを選ぶかは、オーナーさんが悩まれるところですが、
わんちゃんの活動する環境や、わんちゃんの年齢、体質などによるものもありますので、やはり動物病院で相談される方が安心です。
さて、ワクチン接種というのは、いわゆる病原体を体に注入して、抗体を作るための
ものです。
えっ、病原体!?と思われるかもしれませんが、ワクチン接種に使われるものは
あらかじめ毒素を取り除いたりした、ごく弱い病原体です。
これに対して、わんちゃんの体は抗体を作り出します。
そして、本当の病原体が体に入って来たとき、ここで作った抗体がそれと戦い、
病気を撃退するというわけです。
注意しておきたいのは、ワクチン接種の病原体は弱いとはいえ、異物を体に注射するわけですから、必ず体調が良い日を選び、接種した日は安静を心がけてください。
シャンプーなども接種の前後は避けましょう。
また犬種や体質により、稀にアレルギーやアナフィラキシーショックを起こす場合が
あります。
万が一何かあった場合に備え、病院にすぐ対応してもらえるよう、ワクチン接種は
なるべく午前中に行いましょう。
人もわんちゃんも病気予防は大切。
安心して外出できるようにしておきたいですね。

バックナンバー
過去のわんコマまんがをご紹介!読み忘れた方、まとめ読みしたい方はチェック!! 過去のわんコマまんがをご紹介!読み忘れた方、まとめ読みしたい方はチェック!!