知る・楽しむ

「日常生活のこんな事ありませんか?」を面白可愛い4コマまんがでご紹介!

ストップ!誤飲・誤食 ストップ!誤飲・誤食

誤飲や誤食は、主に2つの種類が考えられます。

わんちゃんとの暮らしの中で起こる、大きな悩みのひとつに異物誤飲、誤食があります。
誤飲や誤食は、主に2つの種類が考えられます。
ひとつは、おもちゃ、トイレシート、布製品、ビニールなどを丸飲み、または一部を飲み込んでしまう場合です。
おもちゃやガムを噛む行為自体は、わんちゃんの楽しみでもあり、ストレス解消でもありますので、決して悪いことではありません。
噛んでいる延長上で飲み込んでしまうことが問題なのです。
飲み込んだものが少量で、ウンチと一緒に出てくればいいのですが形状によっては胃や腸を傷つけたり、大きいものを飲み込んだ場合には、呼吸困難や腸閉塞など、命に関わる事態が起こります。
もうひとつの問題は、わんちゃんの体にダイレクトに有害なものを飲み込んだ場合。
主に人間用の錠剤などの薬品、タバコ、洗剤など化学物質、有毒植物、わんちゃんにとってのNG食品などです。
どちらのケースも、急いで動物病院で診察を受けましょう。
その場ではわんちゃんに変化が見られなくても、その後、急変する可能性も考えられますので、早めに診てもらえば安心です。
普段から、土日も診療している病院や、夜間の緊急診療を行っている病院を調べておくことも大切ですね。
特に子犬、若いわんちゃん、活発なわんちゃんはいろいろな物に興味を持って、思わぬものも口に入れてしまいがち。危ないと思うものは、わんちゃんの手の届かない場所に置くなど、工夫して管理しましょう。